エピレって妊娠中でも脱毛できる?生理中は?

エピレでの脱毛施術契約中に、妊娠した・生理がきてしまったということも女性ですからあると思います。そうしたときに、一体どのような対応を取ればよいのでしょうか?

そもそも、脱毛自体をそのまま継続することはできるの?と疑問に思う方も多いはず。

今回は、妊娠中や生理中の脱毛ができるのかどうか調べてみました。

1f98b8e7e6e54a206a7805ab741305e1_s

女性ならではのNG?どうすればいいの?

妊娠・生理は女性であればだれもが可能性があることでしょう。そういったときに、エピレでの脱毛はどのように対応していけばよいのでしょうか。

妊娠・生理に分けてみていきましょう。

もしもエピレ脱毛施術期間に妊娠したら?

妊娠中は、エピレはもちろんほかのサロンにおいても脱毛施術が出来ないものが多いようです。

その理由として挙げられるのが「脱毛施術の刺激からの早産や流産などのリスクを無くすため」とされており、より安全な妊娠生活を送れるようにする為と言われています。

しかし、脱毛施術を行ったからと言っておなかのあかちゃんに影響があるのかというとそういうわけではありません。なるべく刺激を避けた方が良いという医学的考えの元、禁止されているだけであり早産や流産の原因になるという医学的根拠は皆無です。

また、妊娠初期に本人が気づかず脱毛施術を行ってしまったとしても、大きな心配はありません。しかし、避けるようにした方がベターでしょう。

もし、出産後にエピレの脱毛施術を再開する時には出産後3ヶ月後から施術が可能になるそうです。授乳中には施術が出来ない脱毛部位もある為、スタッフに相談してみると良いでしょう。

もしもエピレ脱毛施術期間に生理がきたら?

生理中の脱毛は、各サロンによって実施の有無が異なりますがエピレでは部位によっては生理中でも脱毛施術が可能となっています。

デリケートゾーンであるVIOラインは生理中の脱毛を行うことが出来ません。しかし、ほかの部位であれは施術が可能です。しかし、生理中は肌も敏感になっているため肌トラブルなど普段は大丈夫なトラブルなどをおこすリスクが高まります。

可能であれば、生理中の脱毛施術は避けるようにした方が無難です。

エピレでは、予約日の前日までに電話でキャンセルを行うことが出来ます。受付終了時刻までにキャンセルした場合、キャンセル料は取られないので安心ですね。

生理がきそう、もしくは着てしまった場合にはなるべく早めにエピレにその旨を伝えてキャンセルできるか確認しておくと良いでしょう。

ddefa7b7910e0d9f2d099b00fb4357f8_s

まとめ

エピレって妊娠中でも脱毛できる?生理中は?の記事はいかがでしたか?

妊娠・生理中の脱毛は、行っても問題は無いけれどリスクを避けるために行わないようにすることが良いという事がわかりました。

いくら影響がないと言われていても、無理をして心配事を増やすよりは安定してから安心して施術を行った方が心地よいと思います。

妊娠・生理中の方は自分自身の生活や身体の状態が落ち着いてから、脱毛施術を行うようにした方が良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です